のんびり主婦ママ桃色日記

日々の暮らし、息子のこと、DWEについて書いていけたらと思っています。ほんわかした家庭をつくりたいけど、ほんわかキャラではないママのブログ。

絵本の定期購読スタート

やっと暖かくなりましたね。

お野菜の値段が落ち着いたので春野菜が楽しみな今日この頃。

新じゃか、新玉ねぎ、春キャベツ...考えただけでお腹が空いてきた。

 

 

 

さて、3月に届く4月号から福音館書店の

『ちいさなかがくのとも』の定期購読を始めました。

 

以前から絵本の購読には興味があったんだけど、今までは私が好きな絵本を月に一冊、本屋さんで選んで購入していて。

 

メジャーな絵本はほとんど持っているし、これからも買うつもり。

 

だけど私が絵本を選ぶと、美味しい食べ物とか、うさぎさんが出てくるのとか、動物が仲良く輪になって踊るのとか、かわいい感じが多くて。笑

 

息子には幅広いジャンルの絵本に触れてほしい。

 

そんな私にピッタリな絵本の定期購読がありました。

 

福音館書店『ちいさなかがくのとも』


f:id:sakurapink07:20180321152446j:image

↑『ちいさなかがくのとも』4月号は『むしがこんなことしていたよ』

 

 

なんと月額送料込み500円で月ごとに解約可能。しかも安心の福音館書店の絵本の定期購読。そして内容は『かがくえほん』←ここが一番の決め手かも。

  

 

 

福音館書店とは

 

 『ぐりとぐら』で有名な福音館書店。

 

児童書を中心に扱っている会社で、『はじめてのおつかい』も福音館書店。福音館書店の絵本は読んだことがあるものばかり。

 

安心して定期購読できそうです。

 

 

『ちいさなかがくのとも』とは

福音館書店の公式HPによると↓

幼い子どもたちがはじめて出会う「かがくの絵本」。知識ではなく、毎月のテーマを通じて子どもたちに「感動」を届けることを大切にしています。心が動いて、もっと知りたくなって、自分でやってみたくなる。身近な世界の面白さへの発見がいっぱいです

 

 福音館書店:より引用

 

 福音館書店が独自に製作している子供向けの絵本の月刊誌で、『かがくへの興味の目』を育む内容。絵本の内容が配本時期の季節に合っているのも魅力かな。

 

福音館書店の定期購読には、それぞれの年齢別に『ものがたり絵本』と『かがく絵本』があるます。 

f:id:sakurapink07:20180320140235j:image

【3~4~5才向け】ちいさなかがくのとも|月刊誌のご案内|福音館書店 :より参照

 

 

  息子には『こどものとも012』と『こどものとも年少版』が年齢的によさそうですが、福音館書店が独自に製作している絵本の作品が、月刊誌として送られてくるシステムなので、『ものがたり絵本』は色んな会社の絵本に触れさせたい私には、あまり魅力的ではないんですよね。

  

 

『ちいさなかがくのとも』の今年の配本予定のラインナップを見ると、私が選ばなそうな絵本ばかり。 


f:id:sakurapink07:20180320144808j:image

【3~4~5才向け】ちいさなかがくのとも|月刊誌のご案内|福音館書店:より参照

 


f:id:sakurapink07:20180320144849j:image

【3~4~5才向け】ちいさなかがくのとも|月刊誌のご案内|福音館書店:より参照

 虫の絵本ってなかなか選ばないもんね。息子にはいろんなことを知ってほしい。

 

 

 でも、『月刊誌だし内容が薄いんじゃないの~?』と疑ってみるも、『ちいさなかがくのとも』で人気の絵本は、その後『幼児絵本ふしぎだねシリーズ』として、ハードカバーになって書店でも売られているほどの内容。

 
f:id:sakurapink07:20180320140437j:image

【3~4~5才向け】ちいさなかがくのとも|月刊誌のご案内|福音館書店:より参照

 ↑『幼児絵本ふしぎだねシリーズ』

 

月刊誌といえど、内容の質も高そうです。

 

 

でもさ結局さ、気になるのはお値段。

 

そして、定期購読の場合、心配な解約についてはどうなんだろう。←まだ疑う。

 

 

 

定期購読の値段と解約

 福音館書店に問い合わせたところ、月刊誌の販売は『富士山マガジンサービス』が取り扱っているとのことで、値段や解約について詳しいことはそちらのHPを見てほしいと言われました。さっそく、『富士山マガジンサービス』のHPへ。

 

こちら↓

www.fujisan.co.jp

 

 定期購読には月々払い500円、6か月払い3000円、12か月払い6000円(いずれも送料込み)の3種類あって、解約については詳しくわからなかったので電話で問い合わせてみることに。

 

すると6か月払いと12か月払いは、それぞれ6か月と12か月単位でなければ解約できないが、月々払いの場合、発送の手配が始まっていなければ、いつでも解約可能とのこと!!

 

6か月、12か月で契約してもトータルの値段は変わらないんだから、月々払いがお得。

 

 発送手続きが始まっていなければいつでも解約可能ということで、月払いの月額500円のコースを始めてみることに。

 

『ちいさなかがくのとも』の感想

 

実際に絵本が届くまでは、送料込み月額500円の安さと、ソフトカバーの絵本という点が心配でした。

 

しかし、絵本が薄いので自宅のポストに直接届き、受け取りに手間がかからないのが更なる魅力と気付く。

 

子育て中って忙しいから、不在連絡票見て、再配達依頼して、宅配便待ち・・・なんかは出来るだけ減らしたいですよね。

 

f:id:sakurapink07:20180321152453j:image

実際の『ちいさなかがくのとも』は、こんなに薄くて想像よりしっかりした紙質。ORT(英語の絵本)の紙質に似てるかも。

 

ソフトカバーだからって、ふにゃふにゃな紙質ではなかった。笑

 

0歳や1歳になりたての子供だと破ってしまうこともありそうだけど、1歳10ヵ月の息子は問題なく上手にページをめくれています。

 

ページ数も24ページあって、文字数も長すぎず。

 

息子も『よんでー』と言わんばかりに、絵本を持ってくるほどお気に入り。

 

対象年齢は3~5歳だけど、難しすぎる内容でもない。

 

絵本の内容は虫の動きについて面白可笑しく書いてあって、絵本と同じように親子や兄弟で遊べるストーリーになっているのも魅力的。

 

注意:ダンゴ虫やしゃくとりむしの動きを絵本の子供のように真似すると、めちゃくちゃ疲れます。でも息子が喜ぶので汗だくになりながら真似する健気な私

 

 

 

うん。大満足です。

 



f:id:sakurapink07:20180321152502j:image


 

絵本と一緒に送られてくる『おりこみふろく』には、『むしがこんなことしていたよ』を、子供と読むときのコツやポイントや作者のコメントも書いてあって充実した内容。

 

私、いい定期購読見つけたみたい。

 

来月号も届くのが楽しみだ~。←解約する気ありませーん。

 

↓『0歳代に購入した絵本リスト』はこちら↓

www.sakurablog.net

 

↓『1歳代に購入した絵本リスト』はこちら↓

www.sakurablog.net

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

ボタンを押していただけたら励みになります。


にほんブログ村


2016年4月~17年3月生ランキング