のんびり主婦ママ桃色日記

日々の暮らし、息子のこと、DWEについて書いていけたらと思っています。ほんわかした家庭をつくりたいけど、ほんわかキャラではないママのブログ。

0歳代に購入した絵本リスト

 今月から絵本の購読を始めたさくら家。

 

絵本の子供みたいに虫の真似を、汗だくになってもせがまれるほど、息子のお気に入りの絵本になっています。

 

詳しい話はこちらから。↓

www.sakurablog.net

 

そんなさくら家は、息子が生後1か月の時に初めて絵本を買いました。俗にいう『ファーストブック』というやつです。

注:『ファーストブック』とは子供が初めて触れる絵本のこと。

 

生後1か月の子供に絵本なんか意味あるの?と思っていた私。

 

 

『原色のはっきりとした色味の絵本なら、目がまだ未発達な赤ちゃんでも色を認識しやすくて、脳を刺激して脳の成長を促してくれるんだよ』

 

と教えてくれた幼児教育に熱心なママさんの勧めで、急いで書店に向かったミーハーなわたくし。

 

でも、絵本に対して批判的な意見は聞いたことがないので、絵本は子供にとってプラスになるんだと思う。

 

あと、習慣が大切だと思ったので、早くから絵本の読み聞かせは習慣にしていこうと思っていました。こういうのは小さいころからの積み重ねだと思うんです。絵本の楽しさ、絵本には知らない世界が広がっていることを息子に知ってほしい。

 

さて、

↓『0歳代に購入した絵本リスト』ラインナップはこちら↓



f:id:sakurapink07:20180321143536j:image


布絵本やいただきモノの絵本も含めても、数えたら9冊しかなかった( ;∀;)月に一冊は買ってあげたかったな。

 

絵本リスト

 

 

 

『あかあかくろくろ』


f:id:sakurapink07:20180321143202j:image

先ほど書いた息子への『ファーストブック』がこの絵本。色鮮やかなこの絵本は、目が未発達な赤ちゃんにも認識できるように工夫された作りになっていて、魚が泳いでいるページを見ると、まだ首も座っていない息子がいつも笑ってくれて、思い出深い一冊。

 

全てのページが厚紙でできているで、0歳児へも安心して与えれました。

 

 

『ぼくのでんしゃ』
f:id:sakurapink07:20180321143209j:image

森永乳業のミルクを買ってポイントを集めて応募するともらえる絵本。主人公の名前を自分の子供の名前にしてもらえるので、0歳の頃はありがたみを感じなかったけど、1歳も後半になると、自分の名前が絵本に出てきて息子は嬉しそうにしています。

 

完ミになるのが早かったさくら家は、粉ミルクの消費量が凄まじく、もう一冊応募できそうな勢いでしたが、忙しさにかまけて応募しなかった。今となればもう一冊応募しておけばよかったな。

 

 

『きんぎょがにげた』
f:id:sakurapink07:20180321143700j:image

居住地の県が推進している絵本だったので買いました。文章が短くて0歳児にピッタリでした。『きんぎょどこ?』と言いながら指さしをして楽しんだ絵本。いまだに息子が好きな絵本です。

 

 

『しろくまちゃんのほっとけーき』

f:id:sakurapink07:20180321143306j:image

これは私が絶対買いたかった絵本。長年愛されている絵本だけあって息子も大好きな絵本です。

 

この絵本を見ながら子供とホットケーキを作るのが夢でした。1歳半ごろ息子と一緒にパンケーキを作りましたが、まだ焼いていないホットケーキミックスを食べたがって大泣きするので大変でした。

 

2歳頃またリベンジしたい。

 

『だるまさんが』
f:id:sakurapink07:20180321143305j:image

 

絵本になかなか興味を持たなかった息子ですが、この本には早くから反応してケラケラ笑ってくれました。文章も短いので、内容は一字一句暗記しているほど読まされた絵本。

 

『いないないばあ』
f:id:sakurapink07:20180321143302j:image

 

こちらも不朽の名作。息子も気に入っていました。なんてことない絵と内容なのに、やっぱりベストセラーはすごいなと思った作品。

 

 

『はらぺこあおむし』
f:id:sakurapink07:20180321143405j:image

 

こちらも有名な絵本。色鮮やかで月齢の小さい子供でも楽しめる絵本。曜日が覚えれるので長く使える絵本だと思います。

 

『はらぺこあおむし』は色んなバージョンの絵本があるので(大きさとか紙質とか)私が買ったこちらの絵本は、英語と日本語両方の言語でストーリが描いてあるのでお得かも。

 

 

『ハロウィンのかくれんぼ』
f:id:sakurapink07:20180321144008j:image

 


書店の定員さんに『かたぬき絵本』のシリーズが人気だと教えてもらったので、こちらの絵本を購入しました。時期がちょうどハロウィーンだったので、ハロウィーンのストーリのこの絵本に。仕掛け絵本っていうのかな?0歳代に大活躍した絵本です。

 

『かたぬき絵本シリーズ』として、いろんなストーリが出ているので、一冊は持っておくといいかも。全ページ厚紙なので0歳のときは助かりました。

 

 

『くだもの』
f:id:sakurapink07:20180321143423j:image

 


とにかくイラストの果物がリアルでおいしそうなんです。食いしん坊な息子はこの絵本だけは何ページか暗唱します。私もお気に入りの絵本です。

 

『どぉぞ』と言って食べ物をおすそ分けする優しい心が育つ絵本だと思います。

 

以上が0歳代に購入した絵本です。

 

絵本は書店で中身を吟味してから買うので、買ったものはどれも大活躍してくれています。

 

人気の絵本はやはり息子も気に入ってくれるので、これからは人気な絵本も選びつつ、息子に伝えたいこと、知ってほしいことがテーマになっている絵本も探していけたらいいな。

 

 ↓『1歳代に購入した絵本リスト』はこちら。

www.sakurablog.net

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ブログランキングに参加中です。

ボタンを押していただけたら励みになります。


にほんブログ村


2016年4月~17年3月生ランキング